スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 人気ブログランキングへ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿


 チェックをすると非公開コメントとなります

トラックバックURL

http://shopmoney.blog32.fc2.com/tb.php/27-0e7fd6a3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

円高イコール悪なのか?

この記事を書いている現在、1ドル=81.8円前後で推移しています。

一時の円高スピードはやや治まってきたものの
果たしてここがでしょうか?

多少の調整があったりタイミングがどうなるかは分かりませんが
もう一段の円高、史上最高値を試す機会がやって来るのではないか
と私は考えています。

為替レートを80円台後半~90円程度で見積もっている
輸出企業にとっては苦しい日々が続きますね。

しかし、私たち一般的な日本人にとって
円高イコール悪なのでしょうか?

メディアでは「日本は輸出立国だから、このまま円高が進めば危ない」
的な報道がいまだにされますが、
日本のGDP比率輸出額は結構低いです。
(正確には覚えていませんが、確か1割前後だったと思います。)

逆に、この不況・商品高の中で
円安だったらと考えるとちょと怖いですね。
(円高だから輸入に頼っている食品も今まで通りの値段で買えているワケです。)

むしろ悪と考えるべきは

1)製造業・制作拠点の流出を止められない政策
  GDP比率輸出額は低いですが製造業の雇用の裾野はとても広いです。
  輸出額云々よりも雇用を守るためにも、とても重要なことだと思います。
  また、未だに突出して高い法人税は早急に何とかすべきではないでしょうか。

2)食料自給率を改善できない政策
  いずれ来るであろう食糧不足への備えが足りません・・・農業始めようかな・・・

↑と思います。

皆さんはいかがお考えですか?

スポンサーサイト

  • 人気ブログランキングへ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿


 チェックをすると非公開コメントとなります

トラックバックURL

http://shopmoney.blog32.fc2.com/tb.php/27-0e7fd6a3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

広告エリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。